看護師

新型うつ病の疑いがある場合は早めにクリニックに行こう

  1. ホーム
  2. クリニックを上手に利用

クリニックを上手に利用

病棟

従来とは違う新しいタイプ

うつ病と言うと気分が落ち込み、やる気が起きない状態が長く続いてしまいます。この事は誰でも知っているのではないでしょうか。しかし、近年従来のうつ病とはまた違った、新型うつ病を発症する人が増えてきています。従来のうつ病では中高年の男性に多いのが特徴でしたが、新型うつ病では若者が発症する人が多く、特に女性がこの新型うつ病を発症しやすくなっているでしょう。また、従来のうつ病との大きな違いは、この新型うつ病は普段は普通に過ごしていても、自分の苦手な事や嫌いな事をする時に症状が出てしまうと言う事です。その為、時に甘えと勘違いされてしまう事があり、怠けているなど周囲の人から言われてしまう場合もあるでしょう。その他にも過食になったり、これまで以上に眠ったり、従来のうつ病とは様々な点で違いが出てきます。この症状が強く出てしまえば、仕事をしていてもなかなか続かなかったり周囲からの評価が下がってしまったり、様々な問題が出てしまうでしょう。その為、最近なんだかおかしいと気付いたら速やかに専門家である精神科や心療内科で治療を開始する事をおすすめします。なぜ病院に行く必要があるのかと言うと、早期治療が早期解決の糸口だからです。新型うつ病は軽く見えがちですが、そのまま放置しているとどんどん症状が悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。周りからもまるで自己中心的で怠け者と判断されてしまう場合があり、精神的にも肉体的にも辛くなってしまいます。その為、出来るだけ早めに治療を開始することが大切です。精神科や心療内科では精神療法を中心に治療を行います。新型うつ病の場合、これまで従来のうつ病で使用していた抗うつ剤が効きにくい傾向にあります。その為、薬物療法中心ではなく、心に働きかける精神療法を中心に、しっかりカウンセリングを行っているでしょう。カウンセリングを受ける中で、なぜ新型うつ病を発症しているのか、心の中の問題点を洗い出し、それに対して精神的にプラスの方向へと持って行く様に誘導していきます。また、新型うつ病の場合、拒絶過敏性といってちょっと他の人から言われただけでも、自分を非難していると過剰に反応してしまう事があるでしょう。その事により深く落ち込んでしまったり、考え方の歪みにより拒絶過敏性の症状が出てしまったりする場合もあるので、その点についてもしっかり考え方を修正しています。正しい認知への誘導は精神療法の中の認知行動療法という方法になりますが、歪んだ考え方をきちんと修正し、その歪みをクリニックではしっかりと改善してくれるでしょう。精神科や心療内科を利用する事で、様々な方向から心にアプローチを掛けてもらう事が出来るので症状を改善する事が出来ます。また、カウンセリングを受け、しっかり自分の心の中のもやもやを吐き出す事で精神的にもすっきりする事が出来るでしょう。心の中に色々なもやもやを抱えていると、そのもやもやがどんどんストレスになってしまいます。心の負担がやがて様々な症状となり体に現れてしまうのでその症状を改善する為にも精神科や心療内科などのクリニックを活用する事をおすすめします。