看護師

新型うつ病の疑いがある場合は早めにクリニックに行こう

  1. ホーム
  2. 過食や過眠の症状は要注意

過食や過眠の症状は要注意

男性

何かおかしいと感じたら

怠けているんじゃないか、甘えているんじゃないか、時に周囲からそんな目で新型うつ病は見られてしまいます。この新型うつ病は非定型うつ病と呼ばれ従来のうつ病とはまた違った症状が出てしまう病気です。一般的なうつ病は午前中を中心に意欲が無くなってしまったり、中には一日中元気が出なかったりする場合がありますが、その他にも食欲低下や不眠といった症状が出てしまうのが特徴です。しかし新型うつ病ではこの症状とは少し違った症状が出てしまいます。まず、症状が出るのが嫌な事をしている時や苦手な事をしている時です。逆を言えば好きな事をしている時は症状が現れません。また、過食ぎみになったり、過眠ぎみになったり、中には従来のうつ病と真逆の症状が出る事もあるでしょう。この新型うつ病は、近年発症する人が増加傾向にあり、特に若い女性が発症する傾向にあります。また、拒絶過敏症と言う症状が現れる事があり、自分が他の人から拒絶しているのではないかと強く考えてしまう場合も多くあるでしょう。その為、例えば普段であれば聞き流す程度のちょっとした事であっても、拒絶されたと捉え感情的になってしまう場合もあります。この様に、新型うつ病では様々な症状を発症してしまいますが、好きな事や楽しい事をしている時は症状が出ない為に、周りの人から誤解されてしまう場合も多々あるでしょう。この新型うつ病を発症しやすい人は、一生懸命に頑張るタイプや、自己主張せずに周りに合わせるタイプの人が多くなっています。この様なタイプの人は発症する可能性がある為、注意する必要があるでしょう。なかなか理解されにくい病気ではありますが、発症したとしてもきちんと治療を行う事で改善する事が出来ます。精神科などの専門のクリニックで治療を受ける事で、症状を改善し快方へと向かう事が出来るでしょう。精神科では薬物療法や精神療法など用いてアプローチを掛けますが、この新型うつ病の場合、抗うつ剤が効きにくい傾向にある為、心にアプローチを掛ける精神療法を中心に行っています。新型うつ病の場合、過眠傾向にある為、生活リズムがくるってしまう場合が多々あります。その為、生活リズムを整える為のアドバイスをしたり、心の中にあるストレスの原因を追究し、それを取り除く為のカウンセリングも行ったりしています。精神科では心にしっかりアプローチを掛け、心の負担を取り除く事を中心とした治療を行ってくれるでしょう。新型うつ病では、自分では気付かないうちにどんどん心にストレスを抱えている場合があります。その負担を軽くする為にも、様々な療法を用いてしっかり治療を行ってくれるでしょう。新型うつ病は人それぞれ症状が異なり、その強さの度合いも異なります。精神科ではカウンセリングを十分に行い、一人一人に合った治療を行ってくれるのでまずはきちんと治療を行う事が大切です。うつ病とはまた違う症状の為、時に軽く見られがちですが、きちんと治療を行わないと日常生活にも支障が現れてしまう場合があります。その為、もし疑わしい症状が出ている場合はきちんと専門家で症状を見てもらう事が大切です。